無理のない母乳育児を心がける為に心がけること

母乳育児が絶対ではない

産院や育児雑誌でも、母乳育児の必要性が声高に挙げられています。確かに母乳育児は赤ちゃんの成長にとっては最良の方法となります。

特に、初乳といった産後すぐに出る母乳には、赤ちゃんの体を守るたくさんの免疫物質が含まれているといわれていますから、必ず飲ませたいもの。

また、母乳をあげることで赤ちゃんと肌が密着し、スキンシップ効果があるといわれています。

母乳は消化も良いので便秘にもなりにくいですし、母親の産後の子宮の回復を促すことにもなるとして、さまざまなメリットがあるのです。
だからこそ、母乳育児が推奨されているのですが、実際に母乳育児をおこなうとすると、それは結構大変な事。
母乳が出ているお母さんでも、母乳育児の難しさを感じているほどなのです。

母乳は、赤ちゃんに吸ってもらう事で体が「要るんだね」と判断して作ります。
ですから、赤ちゃんがあまり吸わないと、体は「もう要らないのかな」「これだけ作れば十分かな」と判断してその量をセーブ。
ですから、基本的には赤ちゃんにたくさん吸ってもらうしかありません。

とはいえ、出が良くない場合は、赤ちゃんも吸うのを嫌がるようになります。
吸わない事でますます母乳が出にくくなる…まさに悪循環です。

そんなときは、焦っても母乳が出るようになるわけではありませんのでいったんそこから離れましょう。
市販されている粉ミルクはその質が年々向上しており、そう悪いものでもなくなっています。

数年前の粉ミルクと比べても、その栄養価はどんどんあがって要る事は明白ですから、粉ミルクを代用しながら、少しでも母乳がでるように無理がない範囲でできる事を始めていきましょう。

また、少しでも出が良くなるように工夫をすることも大事。
搾乳する際には乳腺マッサージをおこないながら、水分をたくさん摂り和食中心の食事にする、体が冷えないようにする、母乳に良いといわれているハーブティーやタンポポ茶、ルイボスティーなどを飲む…。
こうした事をおこなっていく事が、母乳育児への焦りを軽減させ、人によっては思わぬ効果を発揮することもあるのです。
そして、母乳を出すということはとても大変な事です。

心身ともに疲れていると母乳の出も悪くなりますので、意識して休息できる時間を作るようにしましょう。
休息時には、なるべく母乳育児の事は考えず、リラックスして過ごすようにします。

「母乳育児をしなくては…」なんて思いにとらわれすぎてしまうと、母乳の出がよくなるところか悪くなる事のほうが多くなるでしょう。

母乳育児も大切ですが、人工の粉ミルクでも赤ちゃんはしっかりと育つのです。
赤ちゃんにとっては、母乳よりもお母さんが笑顔でいてくれるほうが一番ですから、あまり根をつめずに、無理のない母乳育児をおこなうようにしていきましょう。

トップへ戻る